卒乳について

卒乳の目安としては、1歳になる頃~2歳頃までに出来るといいです。
卒乳の時期に特に決まりはありません。

1歳半頃に卒乳をする子が多いようです。
私の息子の場合は、1歳になる前の10カ月頃のは、自らミルクを嫌がり、自然と卒乳となりました。

卒乳をする目安として、おっぱいやミルク以外から栄養が取れるようになっていれば、卒乳を考えてもいい時期です。
卒乳前にストローやコップで飲めるようになっていれば、水分補給も安心して出来るのでいいでしょう。

卒乳の方法は様々な方法があります。
一般的な方法としては、飲ませる時間を少しずつ短くしていく方法です。

時間を少しずつ短くしていくことで、だんだんと飲む量を減らしていくことが出来て、自然に卒乳することができます。
母乳が出てくる量も少しずつ減らすことが出来るので、ママの体にもやさしい方法と言えるでしょう。

卒乳後のママの体のケアについて

赤ちゃんが母乳を卒業した日から、3日間母乳をためます。

3日目に母乳を排乳して、おっぱいのつまりをしっかりと取ります。

次は、5日~1週間母乳をため、排乳します。

これを3~4回繰り返したいくうちに、ママのおっぱいも出てこなくなるでしょう。
これで卒乳完了といえます。

このページの先頭へ