副反応かも?と思ったら

予防接種をして、副反応と思う症状が出たら、予防接種を行った病院へ相談しましょう。
集団接種をした場合は、保健所へ相談しましょう。

副反応は予防接種後どのくらいで症状が出るのか?

強い反応の場合は30分以内に出るのですが、そのあとに反応がおこることもあります。

ワクチンにより、何週間後かに症状が出る場合もあります。
BCGは3~4ヶ月後と、期間がとても長いです。

予防接種後、受診をした方がいい腫れ具合は?

腕全体が腫れてしまったり、いつもと違う症状が出た場合は受診が必要です。
赤ちゃんが予防接種をしたところを痛がっている時も受診が必要です。

なぜ毎年インフルエンザの予防接種を受けなければいけないのか?

インフルエンザのウイルスは毎年変異している為です。
その為に毎年、その年の流行る型のワクチンを打たなければいけません。

予防接種のワクチン、接種するしないはどう判断すればいいのか?

予防接種はは病気を防ぐために行うのですが、副反応が起こってしまう可能性もゼロではありません。
メリット、デメリットをしっかり理解しておくことが大切ですね。

不安なことがあれば、かかりつけ医などに相談してみてもいいでしょう。

予防接種した部分は揉んだ方がいいのか?

揉んだ方がよく効くのでは?と思ってしまうママも多いのではないでしょうか。

接種した部分は揉まなくて大丈夫なのです。
赤くなってしまったり、固くなってしまったりすることもありますが、揉むこととは関係ありません。

このページの先頭へ