予防接種とワクチン

早いものだと、生後2カ月頃から接種できるものがあります。

特に1歳になる頃までは、毎月のように予防接種を受けに行くこととなるでしょう。

ワクチンによっては、接種できる期間が短いものなどもあるので、しっかりと理解しておくことが大切ですね。

住んでいる地域により、個別接種や集団接種などがあります。

赤ちゃんが生まれると住んでいる地域からお知らせが届くと思います。
しっかり確認しておきましょう。

集団接種だと日にちが決まっていたりしますが、個別接種の場合は保護者がしっかりと理解し、自分で予約をしなければいけませんので注意しましょう。

ほとんどの小児科医では、予防接種のスケジュールを立ててくれると思います。
分からないことがあれば、きちんと確認しておいてください。

予防接種を受けた時には、母子手帳に記入してもらうことが出来るので、母子手帳でも確認することが出来ます。

ワクチンの役割は?

大きく2つの役割があります。

赤ちゃんの命を守ることが出来ます。

予防接種を受けることで、ワクチンによる免疫をつける事が出来ます。
そして、感染症を予防することが出来るでしょう。

また、万が一感染症にかかってしまっても、軽傷で抑える事が出来るしょう。

社会を守ることが出来ます。
沢山の人が予防接種を受けることで、感染症が流行るのを防ぐことが出来ます。

予防接種にはデメリットもあり、まれに予防接種による、副反応が出てしまう場合もあります。
保護者がしっかりと理解し、予防接種を受ける事が大切となってきます。

予防接種の最新情報をしっかりと理解しておきましょう。
予防接種の情報は、常に新しい情報が出てきています。

かかりつけの病院などで知ることも出来るかと思います。
常に新しい情報を知ることが出来るように心がけましょう。

このページの先頭へ